ひげ脱毛について 脱毛はエステサロンやクリニック・家庭用高性能脱毛器

男性のひげ脱毛


ひげで悩んでいる男性は意外と多く、
濃いひげの男性やかみそり負けで悩んでいる男性などが
医療レーザー脱毛や脱毛専門エステサロンなどで
ヒゲ脱毛を受けることが年々増えているようです。


こちらは、
日本で最初の男性専用エステティックサロンです。
元祖メンズエステ


忙しい男性にとって、毎日のひげ処理にかかる労力は相当な時間でしょう。

ひげ脱毛で、ひげが減り細くなるとひげ剃りが楽になり、
ヒゲソリによってのかみそり負けのわずらわしさから
永久に開放されるのが人気の秘密のようです。

そして、
昼になるとひげによって顎が青くなるということもなくなり、
清潔感のある印象を与えます。


ある部分だけ(頬など)ひげを薄くして、形を整えるのも人気なようで、
ひげ以外の脱毛(膝下、胸、手の甲、腕など)を
受ける男性も年々増えてきているようですね。



<<ひげ脱毛はこんな方にお勧め>>

・ひげそりによるかみそり負けがひどく、ひげが濃くて、ひげを剃った 後が青い。

・朝のひげ剃りに時間がかかる。

・一日2回以上のひげ剃りが必要。

・肌が弱くて、ひげが濃いのでカミソリ負けする。

・ひげを格好良く生やすために、頬と顎下のひげだけ薄くしたい。

などなど。



<<あるクリニックのひげ脱毛の流れ(全体脱毛)>>


・ひげ脱毛ーマーキング

最初に全体のひげを脱毛して、その後はデザインに合わせてひげ脱毛する。
(人気のひげ脱毛方法)


・ひげ脱毛ー局所麻酔

ひげは毛が剛毛で肌が敏感なため、痛みを強く感じる人がいるので、はじめは局所麻酔を使ってからひげ脱毛して、ひげがだいぶ薄くなってから麻酔なしでひげ脱毛をする。

局所麻酔をするとひげ脱毛の痛みがかなり和らぎ、楽にひげ脱毛できるようです。


・レーザー脱毛

医師が一人ひとりのひげ質・肌質を見て、レーザーを設定。
医療レーザー脱毛機(ダイオードレーザー)は冷却装置がついており、
やけどのリスクが低く、痛みも他の脱毛法に比べかなり軽減されるようです。
脱毛後の赤みが穏やかなのも特徴。

他のレーザー脱毛機で脱毛したことがあるひとは、赤みが少ないためにしっかり脱毛ができているか不安になるようですが、1回1回の脱毛効果は非常に高いようです。
麻酔をしているので、痛みはあまりありません。
鼻の下はちょっと刺激があるようですけれど。


・ひげ脱毛ー薬の塗布

ひげ脱毛直後の肌は軽い炎症を起こしているので、炎症を抑える薬を塗って、冷却します。

腕や足を全部つるつるにしてしまうのはちょっと抵抗があるけれど、
毛の量を少なくしたいと思っていると言う男性は非常に多いようです。

そういった「全部脱毛してしまうのはちょっと・・・・・」という男性のための
「むだ毛」の量を自然に減らす「減毛コース」というのも人気なようです。



■一言で言えば、
「脱毛」とは、毛の成長をつかさどる毛乳頭を破壊すること、
再びその場所に毛が生えない状態にする事で、
毛の成長周期に合わせて「脱毛」を繰り返し、
徐々に量を減らし、完全に毛が生えてこない状態に
なるまで施術を繰り返していくことです。

これが、永久脱毛の仕組みです。


「減毛」の場合は見た目の毛の量を減らす事が
目的なので、施術後、毛の量を見ながら
「脱毛」を続けるかどうか確認しながら進めるようです。

男性の毛は女性に比べ黒くて太い場合が多く、
1本あたりの毛が吸収するエネルギーが大きいため、
1回の施術での「減毛」の効果はかなり期待できるようですよ。


ただやはり、

クリニックは費用が高いということがネックでしょうか。


こちらでは男性の「ひげ脱毛」もやっているようです。


脱毛サロンですが、


日本で最初の男性専用エステティックサロンです。

元祖メンズエステ







posted by 医療レーザー脱毛 at 02:57 | ひげ脱毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする